月刊 剣道日本 2019年2月号

書店、公式通販サイト、Amazon購入ページにて発売中!

  • HOME
  • 2019年2月号

真摯に求めたい「剣道の価値」

剣道が日本文化たりうる「道」であるために、
そして、次世代にその伝統をつなげるために、
新生・剣道日本は、「剣道の価値」を真摯に求めていきます。

2019年2月号──No.505
復刊第2号は2大特集
「求めるは平常心」&「味わいのある面技」

特別企画「大阪府警の稽古─最強への道─」は、全国警察大会で4連覇を遂げた大阪府警剣道特練の稽古現場をルポ。
付録DVD映像でも、稽古の様子とともに、全国警察大会を振り返りながら、選手による総括座談会を収録。
バラエティに富んだ多数の新連載も、読み応え充分の内容です!

特集 求めるは平常心

【平常心を身近に引き寄せれば、剣道観も生活スタイルもひと味違ってくる】
大事を成すために求められるも平常心は、あらゆる分野で必要に迫られる心の持ちよう。
剣道であれば、試合でも審査でも頼りにしたい「心」である。平常心とは、そもそもいかなるものなのか。
また、どうすれば身につけられることができるのか。さまざまな角度から紐解く、55ページの大特集!

西村英久と平常心

全日本選手権大会2連覇の強豪が、人生の節目ごとに味わった「平常心」を振り返る
中学、高校、大学と、その時々で体験した心の葛藤。どんな気持ちで戦い、指導者のどんなアドバイスに救われたか、そして、自身はどのような思考をもって心の問題と向き合ってきたのか。西村選手自身が語る。

【インタビュー】山縣亮太
(陸上競技100m走)

トップスプリンターの心・技・体
セイコー社員アスリートである山縣選手は、ロンドン、リオの両オリンピックで準決勝に進出し、リオでは男子400mリレーで銀メダルを獲得した日本のトップアスリート。0.01秒を争うわずか10秒足らずの戦いは、心との戦いでもあった。

【インタビュー】石井苗子
(政治家/女優/ヘルスカウンセラー)

政治家として、女優として、そしてヘルスカウンセラーとして活躍する石井苗子さん。多忙な中で剣道を始めた理由、20年続けてきた剣道の魅力とは? そして、波乱万丈の人生の中で磨かれた「平常心」とは、いかなるものか?

斎村五郎の「平常心是道」

範士十段が説いた生活即剣道の教え
範士十段・斎村五郎。その生涯をたどることで、求め続けた「平常心」が見えてくる。明治、大正、昭和を駆けた剣士たちの生き方とは。

桜木哲史が語る「心の鍛錬法」

平常心を培う術は稽古以外ありえない

松原剣道スポーツ少年団の指導理念は「平常心」

誰でもができることを最後まで続けられるように

話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」

ロックスターのボディガードを務めた
元剣道インターハイチャンピオンの平常心

川上央(日大芸術学部次長)が
芸術的思考から心を検証

剣道における平常心を探求する

香とサムライと平常心

かつての侍は、香を焚いて心の安定をはかったという。
現代の科学でも証明できる香りと平常心。

武道と平常心

平常心は赤ん坊と心と同じで、誰しもが生まれるときに持ってきている怖れを知らない安らか
な心を言う。人は残念ながら成長するにつれて、欲とそれに付随する恐怖のために平常心を見
出し、迷走する──和依史奈氏が、武道的な視点で、平常心を解く。

特集 味わいのある面技

【面に始まり面に終わる。面を実直に求める人たちに、心と技を学ぶ】
中心を割って入る面技は基本中の基本。しかし、驚懼疑惑を克服する必要性を感じ始めれば、なかなかに難しい技としてその取り組みにも苦労する。それでも果敢に最高の面を求める人たちにスポットを当てた。

【対談】髙﨑慶男(95歳)×岩立三郎(79歳)

求める面。長く面技修行に打ち込んできた八段の両範士。
日々の稽古への取り組み方、面の打ち方の具体的な技術論、そして求めることの意味など、剣道の深いところにまで言及した濃密な対談!

全日本選手権大会を沸かせた安藤翔のあの一撃

それでも面で勝負する
今年度の全日本選手権大会で、優勝者に負けず劣らずの強烈なインパクトを残したのが、3位入賞の安藤翔(北海道)。観客のどよめきを誘った、竹刀を大きく振りかぶって打った、あの心境に切り込む

水戸葵陵高校(茨城)

“葵陵の面”はこうしてできる
相手を真っ向から叩き割るような面打ち。他とは一線を画す“葵陵の面”はどのように作り上げられたのか。君島範親監督が語る。

小野派一刀流第十八代宗家・矢吹裕二

下がらず、一本道を突き進む
「切落」を極意とする小野派一刀流。現代剣道に近い古流の奥義をきわめれば、剣道とのふれ合い方にも変化が生じる。

新旧の連載
最新の大会レポート

【連載】
八段の矜持──中山浩二(福岡)
秘伝の旅──高野弘正の「相手の頭上50センチを突け」
山田博德のワンポイントクリニック──活きた構えをつくる
マンガ Kodomo道場──足の指に注目!

【剣道日本アーカイブ】
私のプライベートタイム/1980年5月号表紙の剣士──堀口清範士九段
いや、ご無礼/1976年2月号──柳家小さん対談 ゲスト=森田文十郎範士九段
剣道女子──図末杏菜(日本通運株式会社)
刀剣女子への一本道──刀の試し斬りに挑戦
茎(なかご)の穴から世間を見れば──大橋弘
仰ぎみる剣の道──椎名市衛
剣に学んだ人生訓──小澤博
剣道の本筋──川上岑志
敗者はいらない──馬場欽司

【大会レポート】
学連剣友剣道大会
関東学生新人戦大会
関東女子学生新人戦大会
順道館50周年記念大会