月刊 剣道日本 2019年8月号

書店、公式通販サイト、Amazon購入ページにて発売中!

  • HOME
  • 2019年8月号

真摯に求めたい「剣道の価値」

剣道が日本文化たりうる「道」であるために、
そして、次世代にその伝統をつなげるために、
新生・剣道日本は、「剣道の価値」を真摯に求めていきます。

2019年8月号──No.512

特集1 激動の昭和剣道史を振り返る『顧みる昭和の剣道』では
78人の剣道九段のプロフィールを一挙掲載!
特集2 『食べる修行、飲む修行』でカラダの内側から強くなろう!
付録DVDでは『第115回全日本剣道演武大会』
剣道範士の部の全演武を映像として紹介する。

【特集1】
顧みる昭和の剣道

令和元年という時代の節目。剣道の未来を考えるうえでも、いま一度過去を顧みておきたい。
とくに「昭和」という時代は剣道史の中でも激動の時代。
数多の剣道家が剣道の行く末について思い悩み、真摯に剣道と向き合った時代でもあった。
そんな歴史の一画でどのような出来事が起きていたのか、どのような人々が剣道を支えたのか、
それぞれがどのような剣道を目指してきたのかを、斯界の将来のためにも改めて振り返っておきたい。

剣道にとっての昭和という時代
歴史上最大の剣道ブーム

昭和の時代、第二次世界大戦後の剣道禁止という存亡の危機をはさみながらも、剣道は試合を中心に興隆し、後期になってブームの頂点を迎えた。
しかし、その時期に行なわれたさまざまな取り組みにも関わらず、その後の平成30年間、剣道は停滞していると言わざるを得ない。
昭和の剣道が今に残したものは何だろうか。
スポーツ史、スポーツ社会学を専門とし、剣道の歴史に精通する坂上康博氏(一橋大学教授)の解説をはさみながら、剣道の昭和史を辿る。

桜木哲史が回顧する
昭和の剣士

【中村毅、馬場欽司、伊保清次】
昭和57年に行なわれた全剣連創立30周年記念大会では、昭和剣道の煌めきを象徴するような、息をのむ攻防が連続した。その大会で頂点に立ったのが桜木哲史である。
教員でありながら警察官に伍して戦い、年齢を重ねても独自の剣境を披露している桜木氏が、
剣を交えてきた昭和の剣士の中から、今回は3人について語った。

たたら製鉄、千年の伝承
人間力を繋ぐ

剣道と日本刀との縁は切っても切れない。その日本刀が、大正末期に生産不能の窮地に追い込まれた。良質の刀づくりに欠かせない玉鋼(たまはがね)を生む“たたら製鉄”の廃業が、その要因だった。昭和五二年、日本の伝統文化を保存するための大きな意志が働いた。そして、島根県の奥出雲でたたら製鉄は復活の狼煙を上げる。剣の命脈を繋いだ昭和のもう一つドラマ──。

昭和になって誕生した剣道「九段」
誌上初 九段の剣道家を一挙大公開

全日本剣道連盟が設立されてほどなく制定されたのが、新しい段位称号である。昭和32年に十段制度が採用され、以来、平成12年に九段以上が廃止されるまで、78人の剣道九段が誕生した。各範士九段の剣士の経歴を、可能な限り掲載した。
【剣道日本アーカイブ師の背中】
堀口清、玉利嘉章、鶴海岩夫

令和の剣士に伝えたい
剣道の禁止と再出発

【解説 坂上康博】
もう二度と剣道はできない、と多くの剣士は思った。第二次世界大戦後、剣道は学校や社会体育において禁止された。復活までは約8年を要する。昭和の時代には剣道の歴史上最大といっていい危機があったのである。なぜ、剣道は禁止されたのか。どうやって、何を目指して復活したのか。今に残したものは何だろうか。そこには、これからの剣道の発展を考えるためにも忘れてはいけない事実がある。坂上康博氏(一橋大学教授)が最近の研究も踏まえ、解説する。

【対談】
剣道の教えは理に適ってる!?

【竹田隆一(山形大学教授)×坂井伸之(山口大学教授)】
市井(しせい)の剣道愛好家は、「……しなさい」と言われれば、それに盲目的に従いがちではないだろうか。でも、「なぜそうしなければならないのか」という疑問を投げかけても、「昔からそう教えられているから」という答えが返ってくることが多いはずだ。その教えは果たして理に適っているのか。理論物理学の専門家と、剣道研究の専門家がタッグを組み、実験だけに頼らない視点で検証していく。

 

【特集2】
食べる修行、飲む修行

文部科学省は毎年6月を「食育月間」、毎月19日を「食育の日」と定めており、
日本人の食に関する意識を喚起してきた。
健康に効く食べ物や健康になる食べ方が研究され、
「食育」という言葉も世の人々に関心を持たれている。
トップアスリートたちの食に対する意識は当たり前のように高い。
剣道界も、競技目的、健康目的を問わず、
個々人が食事や栄養への意識を高めていけば、
“生涯剣道”はますます意義深いキーワードになりえるに違いない。
さらに本特集では、剣道をするために必須ともいえる栄養についても触れている。

大阪体育大学剣道部の「食」への取り組み
日々の食事の充実こそが
心・技・体一致の原動力である。

【神﨑浩(大阪体育大学総監督)、村上雷多(大阪体育大学剣道部監督)、井上春奈(管理栄養士)】
剣道上達のためには日々の稽古が大事であることはいうまでもない。
一方で、“剣道即生活”という視点に立ち、
果たして心・技・体のバランスを整えるためには
何が求められるのかと考えてみると、食生活であることに帰着する。
食に対する取り組みを侮ってはならない。
心・技・体の原動力は食にこそ秘められているのである。

実は、剣士に多い“隠れ貧血”
スポーツ貧血を疑えば、指導が変わる

【指導=松本恵(日本大学教授・公認スポーツ栄養士)】
「剣道と貧血」といわれても、 一体、それぞれにどういった因果関係があるのかと疑問に思う人も少なくないのではないだろうか。
実は、剣道の競技特性には貧血に陥ってしまう要因が多分にあるというのだ。「貧血」(敵)を知り、己を知れば百戦危うからず!

スケトウダラは
ニッポンの救世主!?

【日本水産(株)】
「ニッスイ」の通称で親しまれる日本水産(株)は2011年には創業100周年を迎えた日本の大手水産・食品会社である。冷凍食品、フィッシュソーセージ、ねり製品、缶詰、健康食品など
同社が手がける安全かつ美味しい食品は、日本中の多くの家庭で長く愛され続けている。
ニッスイが2017年に発表したのが「スケトウダラタンパク質の筋肉増加効果について」。「食べるだけで筋肉が増える」とも言われるこの驚きの説の真相をニッスイに尋ねた。

“稽古十分”をサポートする
剣道とアミノ酸の好相性

【味の素株式会社 スポーツニュートリション部 豊泉晴香】
スポーツ栄養の進化・発展とともに、サプリメントを活用するのが常識となってきている。
翻って、剣道界を見渡してみると「食事は質より量」「栄養のことなんて考えたこともない」と思っている人が、まだまだ少なくない。さまざまな競技のトップアスリートやスポーツ愛好家が積極的に摂り入れている「アミノバイタルⓇ」を題材に、剣道人に役立つアミノ酸の知識と活用法について取り上げる。

付録DVD&大会

第115回全日本剣道演武大会
剣道範士の部 全演武

伝統ある京都武徳殿にて開催される通称・京都大会。
令和元年を彩った剣道範士の部全演武を117分のボリュームで収録!

【大会レポート】
第61回関東実業団剣道大会(一般の部・女子の部)

5人制一般の部には253チームがエントリー、
3人制女子の部には78チームのエントリーがあり、
これは両部門ともに前年より増加。
令和初の関東実業団大会が日本武道館で盛大に開催された。

連載

八段の矜持
竹内司(岡山)

「武道としての剣道をしっかり教えたい。岡山県で教えた子が大学を卒業した後にもし岡山に帰ってくれば、これは財産になるからです。そのもとを、今つくっておきたい」

秘伝の技
小島主 範士九段

【含み足、相手の剣を踏む】
語る人=小島礼三郎。
鬼の小島は昭和三十六年に範士、四十九年に九段になった。一年先には佐藤貞雄、一年後には大野操一郎が九段になる。京都大会には毎回出場した。大野操一郎、小川忠太郎、若い人では中倉清とも演武した。

山田博徳のワンポイントクリニック

【“切る”ような打ち方】
先人が語る「切るような打ち方」とはどのようなものか。構えから、打突、残心までを一拍子で完結するような力強い打突を目指す

実践! 剣道プロジェクト
〜剣道継続率向上のために〜

剣道プロジェクトでは剣道の活性化を目指し、現在剣道人口減少傾向にある高知県において、剣道人口の増加、剣道の活性化を目指し、少龍旗全日本少年剣道大会をはじめ、高知県剣道連盟とさまざまな活動に取り組んでいる。今回は高知県剣道連盟主催の「全高知による剣道講習会・稽古会」に参加し、剣道継続率、活性化のための稽古をともに行なった。

突撃! となりの剣道人

小誌の購読者にインタビュー。5回目は相生剣道連盟に所属する船曳泰夫さん
【剣道日本にむけてメッセージ】
「スーパーなどに行くと、売っている農産物には、そこに生産者の名前と顔写真がありますよね。同じように、剣道日本さんの記者の方も、お名前と顔写真を掲載したらどうですか? すごく親近感がわくと思うんです。」

刀剣女子への一本道
(スポーツ記者・飯塚さきがゆく)

【刀の文化を支える国会議員のもとへ】
今回は、刀剣やたたら製鉄に精通する自民党参議院議員・山田宏氏のもとを訪ね、同氏が発足した「刀剣・和鉄文化を保存・振興する議員連盟」とその活動についてうかがう。

【マンガ】Kodomo剣道教室

【いつ、どこで打つ?】
「ただやみくもに技を打つだけでは一本は奪えない。カラダと頭をフルに使って一本を取りに行く」

K word〜ワンポイント剣道英会話〜

外国の剣士との触れ合いを楽しむために。ニューヨーク在住の濱崎真美さんによるワンポイントレッスン。
外国の剣士との触れ合いを楽しむために。「剣道オタク!?」ってなんて言う?

剣日アーカイブ

【私のプライベートタイム】
『剣道日本』昭和55年(1980)12月号より
渡辺敏雄範士八段(今月号の表紙の剣士)
【 小さん雑談 いやご無礼】
『剣道日本』昭和51年(1976)8月号より
大野操一郎範士八段(ホスト・柳家小さん)

剣道女子

多様な価値観にあふれるこの現代社会において、日本古来の武の道を歩む人たちがいる。厳しい稽古で日々己と向き合い、凛とした雰囲気をまとう剣士たちが剣道の魅力を語る。
第8回はかつて強豪として名を馳せたアナウンサー剣士が登場。
剣道女子は美しい!

【コラム】辻邦生
剣道のある風景④

【剣道のある風景】
文=時見宗和。悲哀と切なさに満ちた文豪の人生を切り取った秀逸コラム。